Skip to content

そろそろ映画でも見に行きたい

次のアルバイトも、楽だといいなあ。
ずっと続くといいなあと思う。人間関係楽で、仕事も楽だといいなあ。
かねぱくったりはしないでおこう。ちゃんと働こう。そうしよう。ポップコーンも食べないようにしようと思う。
仕事は仕事って割り切って、やろうと思う。映画館で働くのだ。
私は映画がすきやから、ただで見れてラッキーだと思う。二人で行く映画も、あるけれど
二人では行かないような映画を、一人で見るのだ。あれもみたい、これもみたいっていうのを
彼に遠慮せずにみれるじゃないか。いまだって、テレビで映画みているけれど、それぐらいしか今は
映画がみれないからなあ。真夏の方程式だって、みたかったけれど、見れなかった。
あとは、家ではお笑いばっかりを見る。映画館では、環境がいいので、映画がみれる。部屋ではあまり見ない。
集中できないから。ドラマはみるけれど。おやつをたべながら。あとは、自宅で見る映画は、あまり
いいのがない。こないだは、セブンというデビットフィンチャー監督の映画を見たけれど、まあまあ普通だった。
はじめてみたときは、衝撃だったなあと思ったけれど。もう20年前なのだなあ。
20年て、あまり変わっていないなあと思った。ネットが増えたぐらいで、生活はかわらない。

不要なものは一切置かずすっきりな家を目指しています

以前のわが家はものがあふれて、とても人を呼べるような部屋ではありませんでした。せっかく15年前に新築一戸建て住宅を購入したのに、子供が3人もいましたし夫婦で共働きでしたので、ものすごく家が汚く毎日が憂鬱でした。しかし週末に掃除もする気力もなく、押し入れに投げ込んでなんとか場所を確保している状態でした。いったい押し入れの奥には何がしまってあるのかさえわからないほど放置していましたね。そんな家ですが、子供も成長し2階ですごすようになってきました。そこでルールをきめてリビングには子供のものは一切置かないルールを決めました。そして思い切って押し入れを整理整頓し、不要なものをすべてリサイクルショップに持っていきました。おかげですっきりし、風通しもよくなりカビの心配もなくなったのです。そして3年使っていなかった物や洋服は思い切って捨てるルールを決めました。クローゼットも自分の好きな洋服ばかりになりすっきりしています。家中整理し今ではからっぽの押し入れもできました。今まで不用品にかこまれて生活していたと思うとぞっとします。これからもシンプル生活を目指して物は増やさないようにしていきます。人もいつでも呼べる家になりました。おうちカフェをするのが毎週の楽しみなんです。

室内での子供との遊び方。

最近、3歳の子供が風邪をひいてしまうことが多くて、家の中で二人でいることがとても多いです。もともとインドア派なので、外に数日でられないのは苦痛ではないのですが、子供とふたりきりともなると、自分の時間はいっさいなく、子供をいかに飽きずに楽しく家の中でどう遊ぶかが、問題になってきます。飽きてしまうと外に出たい!ってうるさくなってくるので、大変なのです。

なので、家の中の一番広いところにジャングルジムおくことにしました。結構大きくて部屋を半分ぐらいがジャングルジムになってしまったのですが、子供は、家の中に体を動かせる場所ができて大喜び。いっぱい登って楽しそうにしています。風邪ひいてるのに、体動かす?!と思いますが、少し熱が下がると、もう嬉しくなるのか、家中を楽しそうに走り回っています、。大人からしたらその体力どこにあるの?ってかんじです。具合が悪いから休んでおいたほうがいいなっていう考え方はまだ出来ないみたいです。

あとは、ねんどもいいです。時間を潰すことごできます。好きなキャラクターを作ってあげたり、子供の好きな電車、不格好ですが飛行機他なんかも作ってあげたり。。クッキーやドーナッツの形を作って、お菓子やさんなんかもしますね。これも結構楽しいです。

カフェでのんびり日曜日

先日家族でコメダ珈琲に行きました。今、大人気ですよね、コメダ珈琲。
うちの近所の店舗も結構にぎわっていて、席に通されるまで10分くらいかかったでしょうか。
でも、あそこにはたくさん雑誌や新聞や絵本があるので待ちやすくていいですね。

私は妊婦なのでココア、娘はシェイク、夫はアイスコーヒーを頼みました。いまだに有名なシロノワールを頼んだことがないです。なんだかいつもおなか一杯なんですよね、残念。

みんなでのんびりくつろいで、雑誌を読みながら飲み物を飲んでいました。ソファの座り心地もいいので、本当に落ち着きます。私はパン屋さん特集の雑誌を読んでいたのですが、その中に一軒のお店を発見!それはうちから歩いて10分くらいのところにできたパン屋さんでした。雑誌に載っていると、なんだかそれだけでおいしさ倍増するような気がしますよね。夫にそれを告げると、前に私に教えた、というのです、つわりの真っ最中のころに。そりゃあ、げーげー吐いているつわりの最中に食べ物屋さんの情報を聞いてもまったく耳に入ってきませんよ。
でも、改めて紙面で見るとすごくおいしそうなので、近々、本当に近々、娘を連れておやつのパンを買いに行きたいと思いました。

のんびりできた上に近所の情報も仕入れられて、大満足なコメダ珈琲でした。

先輩の結婚式の動画作り

今日は仕事が休みだったのですが、休日出勤をしている会社の先輩に会いに行く為に私も会社に行くことになりました。
頼まれている結婚式のお色直しの時に使う動画製作のプロトタイプを見てもらう為でその方がお昼休憩に入るタイミングを見計らって行かなければなりませんでした。
勤務がバラバラなので合わないので頼まれている物を見せる機会がなく、先輩が入籍した時に新しく引越しした家はまだインターネットの環境が構築されていないのでメールで送る事もできません。
携帯電話もガラケーを使っているので見せる手段は直接行くしかありませんでした。
動画製作に必要な素材はすべて受け取ったのですが、やはりその後も考えの変化などで構想が変化してしまいます。
携帯メールで文字として私に修正内容が書かれていたりするので大まかな内容を理解して確実に私が修正をする為には直接見てもらい変更内容をメモ書きし、必要であれば直接ネットから素材をダウンロードして修正をするのが一番だと思いました。
そこで問題なのは勤務時間や休みの不一致で打ち合わせがなかなかできないのですが、
だからと言って打ち合わせをためらって自分勝手に修正をすると納得の行く物に仕上がらないので後々大きな修正になったりと面倒になります。
そうなるリスクを考えれば私の方から休日を返上して行く方が後々楽になります。
先輩も仕事が忙しいのと私生活も新居に移ったばかりで大変なので、私は先輩にお世話になった意味も込めて作ってる動画なので私に少し負担がかかっても絶対に成功させたいと思っています。

宝石のリフォームで母親の指輪が変身

先日、母親の部屋で整理をしていたら、父親からもらったという指輪が出てきました。
それは、タンスの隅に落ちていたのを見つけたものです。
それを見た時、すぐに母親の探していたものだということに気づきました。
それは、随分前に、母親が指輪がなくなって探しているのをみたことがあったからです。
そしてその指輪をしばらく整理をしていなかったタンスを見ていた時に、出てきたのでした。

その指輪は、母親が唯一私の父親からもらったものです。
そのため、必死で探していたので、見つかったと知った時は、とても喜んでいました。

しかし、その指輪は私がみた時、少し流行遅れのものという感じがしたのです。
母親もそのことは感じていたので、なんとかしたいともいっていました。
そのため、父親の記念の指輪をリフォームしてはどうかといったのです。
今流行りのリフォームで、新しい指輪のように変えることができます。
そして母親がいつも身に付けておけるようになるのです。

そのことを話すと、母親も大賛成をしてくれたので、そのリフォームをしてもらうことができる業者に持参をすることにしました。
そこに持って行くと、その母親の持参した指輪を褒めてもらうことができ、リフォームをしたら、きっと素晴らしいものになるといってもらえたのです。
これからどんなに変身するのか楽しみにしています。

電話で母親に安否確認をしています

私には、一人暮らしをしている母親がいます。
その母親は、私が時々そこに行くことができますが、毎日行くことが無理なので、毎日の安否確認として、電話を利用しています。
母親は、その電話を楽しみにしているようです。

母親としたら、私と毎日少しのことでもいいから、話をしたいと思っているようです。
庭の花がさいたとか、色々な話題がつきることはありません。
そのため、私も自分の身の回りに起きたこと等を話すようにしています。

特に母親が聞きたいことは、孫の成長のことらしいです。
孫のことは、いまだに小さい時と同じように可愛いらしく、どんなことを話しても喜んできいてくれます。

できれば孫を連れて母親の元を訪ねてあげたいと思いますが、孫ももう20歳になるので、そのようなことが少し恥ずかしいようです。

そしてたまには、母親の元を訪ねるようにしています。
すると、毎日話しているのですが、また同じようなことを話してきます。
年を取ると、同じことを何度も話すようになるといいます。
母親もそのようなことなのだろうと、聞いたことがあると思いながら、初めて聞いたようなふりをしてきいています。

母親に対して毎日、安否確認ができることを願っています

やっぱり人が重要

最近思っているのですが、やっぱり人が重要ですよね~私は製造業をしているのですが、その会社でコミニュケーションをはかれない人は仕事が出来ないですよね~当たり前なのですがコミニュケーションがしっかりはかれて人とうまくつき合っているひとは、仕事が出来なくても何らしか誰かが手伝ってくれたり助けてくれたりしますよねそれで結果仕事が出来るようになるのです。
一方コミニュケーションをはかれない人は聞けばいいことも聞かないで自分で何でもやろうとして結果あのひと何がしたいか分からない、なにも
言わないから僕たちも何をしていいか分からない、なんて言われ聞けばすぐ終わる仕事も遠回りして何時間も悩んでします。
よく鬱病が最近になって世間で流行っていますが、ほとんどがコミニュケーションがはかれない人がほとんど何じゃないですかね~僕の会社の周りに鬱病の人はが多いですけど
特に工場はコミニュケーションをはからなくても1日終われるし、その日誰とも喋らなくてもいい日があります。
そういう日が何日も続くと、自分のなかで被害妄想なったり、自己嫌悪になって自分自身が嫌になったりします。

とにかく会社じゃなくてもいいので、どこか人と話せる趣味場所を儲けて
思っていることを全部吐き出すべきですね~

リゾートバイトの労働条件

学生だと、長期休暇を利用して、海やスキー場等でのリゾートバイトをした経験のある人もいるのではないでしょうか。
あるいは、今年の長期休暇こそ、リゾートバイトをやってみようと、口コミで情報収集を始めている人もいるかもしれません。

リゾートバイトの雇用期間は、通常、1週間から3か月程度のまとまった期間が多く、一日だけや二、三日等の短期の募集はほぼありません。
給料は、時給であれば800円から1,200円程度、月給であれば15万円から20万円程度が一般的のようです。
なお、通常、交通費は支給されるところが多いと思われます。
そして、勤務形態としては、勤務時間が1日8時間で、週4日から5日といった感じが多いと思います。
ただ、繁忙期は残業になることもあるでしょう。

給料がもらえて、交通費も支給される上に、食費や宿泊代等が無料になるところもあります。
となると、これは実質、給料以上に稼げるアルバイトだと言えます。
その上、スキー場近くでのリゾートバイトだと、リフト無料券や割引券を支給される場合もあります。

肝心な仕事内容ですが、通常、それほど難しいことは求められません。
求人情報でも「初心者OK」と記載されているケースも多く、実際、初心者でも全く問題はありません。
社会人としての、基本的マナーが身に付いていれば十分です。

ところで、リゾートバイトの募集をどこで探したらよいのかというと、それは情報サイトをチェックするのが最も早い方法です。
情報サイトによっては、口コミもアップされているので、仕事を選ぶ際、とても有意義な情報が満載です。
口コミとは、実際にそのリゾートバイトを経験した人の生の声ですから、そこで働こうか否かを決断する上での重要な判断材料となります。

あとは、実家でペンションや民宿等を経営している友人がいれば、そこでアルバイトを募集していないかを聞くのも手っ取り早く、確実な方法でしょう。