開店、開業祝いのメッセージで使用してはいけない言葉とは?

開店、開業祝いで花やお菓子などを贈る際に、メッセージを添えてあげると相手にも気持ちは伝わりやすいです。

しかし、このメッセージ、どのような言葉でも使用していいというわけではありません。
今回は開店、開業祝いの際に使用してはいけないNGワードを紹介したいと思います。

赤字や火事を連想させる言葉はNG

開店、開業祝いにおいて使用してはいけない忌み言葉(NGワード)ですが一般的に読み方によって縁起が悪いとされている言葉を指します。
結婚式や葬儀の場では忌み言葉(NGワード)は有名ですが、開店、開業祝いに関しても『赤字』や『火事』を連想させる言葉となるため、NGワードがいくつか存在するのです。112835

基本的に赤字、火事のような赤色をイメージする文字は控えるようにすることが大切。
以下に代表的な忌み言葉を並べてみます。

『敗れる』『失う』『落ちる』『枯れる』『火』『焼ける』『燃える』『倒れる』『壊れる』『傾く』『流れる』『つぶれる』『煙』『赤』

いかがですか?
どことなく、新しいお店や事務所が上手くいかないイメージが伝わってきませんか?
『お店を失う』『事務所が燃える』など、不吉なことばかりを連想するため、前述の言葉はメッセージに添えないように注意しましょう。

また、開店、開業するまでにはさまざまな苦しい道のりや努力があったことは容易に想像することができますので、その努力を労う気持ちと、今後の新しい未来が上手にいきますように、という祝福の言葉を贈ることが大切ですので、あまり否定的な言葉を使用するのはやめておきましょう。

親しい友人、知人に贈る場合には無理に丁寧な文章を書く必要はなく、自分のいつも通りの素直な言葉で祝福するのもおすすめです。
そのほうが、心に残りやすいというメリットもあります。
ぜひ、開店、開業祝いでメッセージを贈る際の参考にしてください。

コメントを残す