開店祝いでお菓子を贈る際のポイントはあるの

開店祝いにみんなが大好きなお菓子を贈るのは定番ですよね。
しかし、どんなお菓子を選べばいいか?や、どのようにして贈ればいいか?などの悩みを抱えている方が多いのもまた事実です。
今回は開店祝いにお菓子を贈る際のポイントを紹介したいと思います。

開店祝いの時期は忙しいため、この点に配慮したお菓子を贈ることが大切

プリント

開店祝いの時期はまだ店内も準備などでバタバタしている時期となります。
そのため、日持ちしないお菓子を贈った場合には賞味期限内に食べることができないというケースも考えられるため、まずはある程度の賞味期限が確保されているお菓子を贈ることがポイントになるのではないでしょうか。

そして、お菓子の種類に関してですが、開封後に切り分けて食べるタイプのものも極力避けたほうが無難となります。
これも、開店祝いの時期でバタバタしているため、あまり手間がかかるお菓子では準備する時間がない、好きなタイミングで食べることができないといった問題も出てくる可能性があるためです。

このケースで最も喜ばれるのは、個包装になっているお菓子。
個包装になった詰め合わせタイプのお菓子などはお店のスタッフも含めて自分の好きなタイミングでつまむということもできます。
贈った後に手間がかからないものを選択するのが、お菓子を贈る際の大切なところではないでしょうか。

また、季節やその土地柄に合わせたお菓子選びも印象が良くなるポイント。
夏の暑い時期であれば、涼しげなゼリーやようかんなどが代表的ですね。
土地柄に関しては、そのお店のオープンする土地に合わせたお菓子を贈るのも粋な計らいといえるのではないでしょうか。

最後に、贈る時に一緒に一言添えてみるのも好感度がアップします。
『少しばかりですが季節のものをどうぞ』『つまらないものですがこの地域で評判の高いお菓子ですのでどうぞ』などの言葉を付け加えることにより、相手に食べてもらいたいという気持ちが伝わるためです。
言葉がある、なしでは相手に伝わる印象度は全く変わりますので、この点もぜひ参考にしてください。

コメントを残す