開店祝いを贈るのが遅れてしまったケースの対処法

開店祝いを贈ろうと思っていたが、仕事や日々の生活が忙しくすでに開店から1ヶ月、2ヶ月と過ぎてしまった経験をされた方もいるのではないでしょうか。
今回はこの開店祝いを贈る時期が大幅に遅れてしまった時の対処法を解説してみたいと思います。

開店祝いを贈る時期が遅れてしまった場合の対処法とは?

開店祝いを贈る時期が遅れてしまったケースではいくつかの対処法があります。
ここでは複数の対処法を紹介してみましょう。

お祝いの名目を変更して贈る

本人は少し遅れても開店祝いの気持ちで贈ることができますが、相手の方からしてみたら、開店からすでに何カ月も経過していた場合に新たに開店祝いの名目で贈られてきても少し困惑してしまうはず。

このような時は、名目を開店祝いとしてではなく『祈御発展』に変更して贈るようにしましょう。
祈御発展の意味は店舗やオフィスの発展を祈るという意味ですから、開店祝いが遅れた時の対処法としてはぴったりです。

贈り物は消費できる物などが無難

517772

開店祝いの名目から祈御発展に変更しただけでなく、実際に贈る物にも気を配らなければなりません。

開店祝いの気持ちでお花を贈る方もいると思いますが、開店からしばらくしての贈り物のケースではお花を贈られてきても相手の方も戸惑ってしまうでしょう。
開店祝いが遅れた場合は、置き場所に困らない消費できる物が無難です。
例えば、相手の好きなお菓子やお酒などが代表的となります。

実際にお店の売上げに貢献する

開店前に贈る開店祝いと違って、実際にお店がオープンしてしばらくしてからの場合は、開店祝いの代わりにそのお店でお金を使うという方法もあります。
この方法は飲食店や美容院などさまざまなシーンで活用できるため、もし贈り物に困った場合にはこのようにお店の売上げに貢献するというのもありです。

ただし、このケースでは開店祝いが遅れた分のお詫びとして手ぶらではなく、菓子折りなども持参していくほうが印象は良いでしょう。

開店祝いが遅れてもしっかりとした対処で良い関係を継続

開店祝いを贈るのが大幅に過ぎてしまったからといって、そのお店やオフィスに行きづらくなってしまったという気持ちを持つ必要は全くありません。
たとえ遅れたとしても、しっかりとした対処で開店を祝ってあげることが良い関係を継続していくポイントにもなります。
ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す